外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今春の大学卒業者のうち、就職した人(非正規雇用含む)の割合は67・3%で前年度より3・4ポイント増加し、3年連続で上昇したことが7日、文部科学省の学校基本調査速報で分かった。非正規雇用は4・1%を占め、これに無職などを加えた「安定的な雇用に就いていない人」は11万5564人で、20・7%(2・2ポイント減)に上った。

共同通信