外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の地震調査委員会は1日、九州の活断層の長期評価を見直し、今後30年以内にマグニチュード(M)6・8以上の大地震が九州のどこかで起こる確率は、30~42%と発表した。活断層で引き起こされる地震の発生確率を、九州全体で示すのは初めて。基準日は2013年1月1日。新たな長期評価では、対象とする活断層の長さを20キロ(M7の地震に相当)以上から15キロ(M6・8に相当)以上に引き下げるなど基準を拡大。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信