外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国際物流の9割以上を担う輸送船のCO2排出量を削減しようと、海運大手が太陽光などの自然エネルギーや燃料電池を活用した地球環境に優しい大型の「エコシップ」の開発を進め、「環境対策」への意欲をアピールしている。日本郵船のコンテナ船は2030年には建造できるという「スーパーエコシップ2030」。商船三井は9月、外洋航行中のCO2排出量を5割に減らす自動車運搬船のデザインを公表。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信