外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本海側に大量に現れて漁業関係者を悩ませている大型クラゲについて、水産総合研究センター(横浜市)は24日、中国の近海で生まれて間もないクラゲの「幼体」を発見したと発表した。中国沿岸域などで発生していると推測され、今後の出現予測などに期待がかかる。センターの秋山秀樹特任部長によると、調査は昨年5月、中国の協力を得て東シナ海から黄海にかけての海域で実施。これほど小さいものが確認されたのは初という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信