外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福井県立恐竜博物館(勝山市)と長崎市は14日、長崎市にある約8100万年前の白亜紀後期の地層から、ティラノサウルス科の歯の化石二つが見つかったと発表した。歯の厚さや地層の時代から大型種のものとみられ、全長は推定10メートル。恐竜博物館によると、ティラノサウルス科の大型種の化石が発見されたのは国内では初めて。

共同通信