大学関係者に対し、偽サイトに誘導する「フィッシング」メールが送られ、ID、パスワードを盗まれる被害が相次いでいる。これまでに横浜市立大など六つの大学で、約1万2千件の個人情報が流出したが、被害を受けた大学のうち少なくとも4大学で、犯人が情報の転送に使ったメールアドレスの一部が共通していたことが1日、大学などへの取材で分かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。