外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は10月1日現在、前年同期に比べて7・4ポイント低下し62・5%だったことが19日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。下落幅は調査を始めた96年以降で最大。内定率は03年の60・2%、04年の61・3%に次ぐ3番目の低さで、「就職氷河期」並みの状況となった。文科省は「政府を挙げて学生への就職支援策に取り組む必要がある」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信