外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)など大手銀行3グループの10年9月中間連結決算の純利益が合計で前年同期の約3倍の1兆円規模となり、金融危機前の06年9月中間決算(計1兆1431億円)以来4年ぶりの水準を回復する見通しとなった。国債の売買など市場関連部門が好調だったほか、企業倒産が落ち着いたことで不良債権処理費用が減少したことが利益を押し上げた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信