外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は2日の定例会合で、日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の作業員の内部被ばく事故が、深刻度をレベル7から0の8段階で示す国際評価尺度(INES)で、上から6番目の「レベル2」(異常事象)に当たると暫定的に評価した。周辺環境への影響はないとしたが、作業員が放射性物質プルトニウムを吸い込む異常事態を厳しく判断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信