外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大津市の中2男子自殺で、遺族が市や加害者とされる生徒らに約7700万円の損害賠償を求めた訴訟の第6回口頭弁論が9日、大津地裁(長谷部幸弥裁判長)で開かれた。市は準備書面で、第三者委員会の報告書に基づき、遺族側が主張するいじめの事実をほぼ認めた。市は2月の第5回口頭弁論で自殺といじめの因果関係を認め、遺族に和解を申し入れている。準備書面は、男子生徒への暴力行為などの大半を事実と認定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信