外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2日に87歳で死去した俳優で文化功労者の大滝秀治さんのお別れの会が22日、青山葬儀所で開かれた。大滝さんと共に劇団民芸の代表を務めてきた奈良岡朋子さんが葬儀委員長となり、阿部寛さんや浅野忠信さんなど俳優、関係者ら約千人が参列した。テレビドラマ「北の国から」の脚本を書いた倉本聡さんは、熱心だったエピソードを披露し「狂気の役者でした。あなたのおかげで今、僕はいます」と弔辞を読んだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信