外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大王製紙前会長の特別背任事件で、巨額の借り入れで別の子会社にも損害を与えたとして、東京地検特捜部が勾留期限の13日にも、会社法の特別背任の疑いで井川意高容疑者(47)を再逮捕する方針を固めたことが9日、関係者への取材で分かった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信