外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 7日に初日を迎える大相撲名古屋場所に、新十両として、史上初のアフリカ大陸出身力士、大砂嵐関(21)=エジプト出身=が登場する。3日目となる9日、イスラム教徒に課される義務「ラマダン」(断食月)に入り、約1カ月間、日の出から日没まで飲食できないが「我慢、我慢」と気力で乗り切る覚悟だ。大砂嵐関は2012年春場所初土俵。所要8場所での十両昇進は、元大関小錦関や把瑠都関と並び外国出身者で最速。

共同通信