外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑で、駐米ロシア大使との接触を巡り連邦捜査局(FBI)に偽証したとして訴追されたトランプ政権のフリン前大統領補佐官は1日、首都ワシントンの裁判所に出廷し、有罪を認めた。司法協力に応じた。ロシア大使との接触について、フリン氏はトランプ氏の政権移行チームの幹部から直接指示を受けたと当局に説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信