外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大西洋クロマグロの資源管理を話し合う大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)の科学委員会が、東大西洋・地中海で、30キログラム以上の親魚の漁獲枠を1万トン程度拡大することが可能とする報告書をまとめたことが8日、分かった。資源が回復しているためで、15年から日本などの漁獲枠が拡大される公算が大きい。実現すれば2年ぶり。

共同通信