外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪証券取引所の藤倉基晴社長は4日、大阪市内で記者会見し、売買システムの障害でデリバティブ(金融派生商品)の取引が停止したことについて「投資者の方々に大変ご迷惑をお掛けした。おわび申し上げる」と謝罪した。狩野芳徳取締役常務執行役員は、障害の原因を「日経平均オプションのサーバーのプログラム異常」と説明した。金融庁は大証にトラブルの報告を求めた上で、業務改善命令などの行政処分も検討する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信