外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】プロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)が米大リーグに移籍するために必要なポスティングシステムが1日、米大リーグ機構(MLB)の各球団による電話会議で新協定が承認されて発効した。日本ハムは大谷選手が移籍するための申請を日本野球機構に行ったと発表。MLBは譲渡金2千万ドル(約22億4千万円)で公示し、交渉が解禁された。交渉期限は米東部時間22日午後11時59分(日本時間23日午後1時59分)まで。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信