外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会は28日、大阪府立体育会館で夏場所(5月6日初日)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇鶴竜(26)の大関昇進を正式に決めた。新大関の誕生は昨年九州場所後の稀勢の里以来で、夏場所は史上初の6大関となる。昇進伝達の使者は鶴竜の師匠、井筒親方の実弟の錣山審判委員と、雷理事が務めた。鶴竜は「稽古に精進し、お客さまに喜んでもらえるような相撲を取れるよう努力します」と力強く口上を述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信