外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2010年に大阪で知人男性2人を刺殺したとして殺人罪に問われた矢野裕一被告(47)の裁判員裁判公判が27日、大阪地裁であり、検察側が「これまでも重大事件を起こしており更生は不可能」と死刑を求刑した。矢野被告は、08年に傷害容疑で逮捕され、心神喪失を理由に不起訴処分となった。事件の約4カ月前まで入院治療を受けていたが、検察側は「病気の影響はなく犯行直後に弁解するなど完全責任能力があった」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信