外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市城東区の市交通局森之宮検車場で26日午前、付近の住民約1300人を一時避難させて不発弾の処理作業が行われた。市によると、太平洋戦争中に米軍が投下した1トン爆弾で長さ約180センチ、直径約60センチ。8月21日の工事中に見つかり、陸上自衛隊中部方面後方支援隊(京都市)の不発弾処理隊が信管を抜き取る作業にあたった。大阪市内での不発弾処理は2008年7月以来。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信