外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪府警福島署の刑事課長だった男性警部(55)が、強盗強姦事件の証拠品として同署に保管していたたばこの吸い殻がなくなっていることを知り、事件とは無関係の吸い殻を証拠品として代用するよう部下の警部補に指示、警部補が実際に証拠品を捏造していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。府警は証拠隠滅容疑などで警部と警部補を書類送検するとともに、処分する方針。なくなったのは事件現場に落ちていた吸い殻。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信