外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪府警は25日、堺署で犯罪統計を担当していた50代の巡査長が事件の認知件数を少なく装うため、2008~12年の5年間に、窃盗や器物損壊などの計約6500件を故意に計上していなかったと発表した。11年の自動車盗と自販機狙いの全国順位で大阪府はいずれもワースト4位だったが、正しく計算すると、実際は3位。府警は「統計のベテランとして扱い、チェックが甘くなった」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信