外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 証拠品の取り扱いに関する不祥事が相次いだことを受け、大阪府警は13日、本部や65警察署の証拠品の保管状況を点検した結果、半数に当たる33署と本部の2部署で、117事件の証拠品301点がなくなっていたと明らかにした。うち強盗殺人や殺人(未遂含む)11事件で16点が紛失。9事件は未解決で、被害者を縛った粘着テープや、被害者の着衣、現場付近で採取した空き缶などがなくなっていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信