ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

大雪や暴風に警戒を、気象庁

 冬型の気圧配置が強まり、北日本と日本海側で大雪になるとして、気象庁は9日、雪崩や交通障害に警戒するよう呼びかけた。北日本では海上を中心に暴風が吹き、大しけになる所があるという。発達した低気圧が北海道付近を北東に進み、通過後は本州付近の上空に非常に強い寒気が流れ込む見通し。強い冬型の気圧配置は10日にかけて続く。西日本から北日本の広い範囲で大雪となり、西日本や東海では平地でも雪が積もる所がある見込み。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。