外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災を引き起こしたマグニチュード(M)9・0の東北地方太平洋沖地震の発生前に、震源付近のプレート(岩板)境界で「ゆっくり滑り」といわれる現象が連続して起き、ひずみが震源に集中して本震が誘発された可能性があるとの研究結果を東大地震研究所の加藤愛太郎助教らがまとめた。20日付の米科学誌電子版に掲載。加藤さんは「M8~9級の地震で直前のゆっくり滑りを観測で確かめたのは初めてでは」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信