外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】大韓航空機内でナッツの出し方が間違っていると激怒し、客室サービス責任者を降ろして離陸を遅らせたとされる同社の趙顕娥副社長(40)が12日、ソウルの韓国国土交通省の施設に出頭して事情聴取を受けた。趙副社長は聴取直前に記者団の前で頭を下げ、「心からおわびする」と述べ謝罪した。

共同通信