外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福井県は28日、関西電力大飯原発(同県おおい町)での過酷事故を想定した原子力防災訓練を実施した。県が定めた避難計画の検証が目的で、原発30キロ圏に位置するおおい町の住民ら約2600人が参加した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信