外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国内で唯一稼働する関西電力大飯原発(福井県)の敷地内断層を昨年末に再調査した原子力規制委員会の現地調査団は16日、活断層かどうかを議論する評価会合を開いた。焦点の敷地北側で見つかった地層のずれについて、調査団5人のうち2人が地滑りの可能性があるとの見方を示し、見解が大きく割れて結論は出なかった。団長役の島崎邦彦委員長代理は「安全性に関してすべてクリアという状況ではない」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信