ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

大飯原発、活断層の判断先送り

 関西電力大飯原発(福井県)の敷地内をほぼ南北に走る断層(破砕帯)について、原子力規制委員会の現地調査団は4日、都内で開いた会合で検討したが、活断層との判断には至らなかった。地滑りの可能性を指摘する意見もあり、7日に再び会合を開いて議論する。敷地内の地層にずれがあるとの認識で一致したが、調査団の渡辺満久・東洋大教授は「敷地内に活断層があることは確実だ。すぐに運転を停止して調査するべき」と主張した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。