ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

大飯原発「活断層」見解一致せず

 原子力規制委員会の現地調査団は29日、国内で唯一稼働する関西電力大飯原発(福井県)の2度目の活断層調査を終えた。関電が「地滑り」と主張する地層のずれについて、活断層かどうか調査団5人の見解は一致しなかった。団長役の島崎邦彦委員長代理ら4人は現時点で活断層の可能性は否定できないとの見解。だが岡田篤正立命館大教授だけは「地滑りで十分説明できる。今まで見てきた活断層とは違う」と活断層をほぼ否定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。