外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会の現地調査団は28日、国内で唯一稼働する関西電力大飯原発(福井県)で2回目の活断層調査を行った。関電が「地滑り」と主張する敷地北側の試掘溝で見つかった地層のずれについて、5人の調査団のうち4人が「関電の説明には納得できない」との見解を示した。29日も調査を続行、年明けに評価会合を開いて調査結果を議論する。調査団は、敷地北側の試掘溝の拡張部分やボーリング試料を確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信