外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会の更田豊志委員は15日、運転中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の現地調査後「決定的にこれが足りないとか、緊急に対応が必要だという印象は持たなかった」と述べた。規制委は新基準に照らして安全上重大な問題がなければ、7月の新基準施行後も運転継続を容認する方針を示しており、3、4号機は次の定期検査に入る9月まで運転が継続される公算が高まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信