外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会の調査団は27日、関西電力大飯原発(福井県)で3回目の活断層調査を始めた。28日まで2日間、関電が運転中の3、4号機の南側で新たに掘った試掘溝を中心に調べる。大飯原発では、敷地内をほぼ南北に走る「F―6断層(破砕帯)」が3、4号機の重要施設「非常用取水路」の直下を通っているとみられる。規制委は、新基準との適合性を評価して9月まで運転継続を認めたが、断層は評価の対象外だった。

共同通信