外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲で史上最多32回の優勝を記録し、1960年代の高度経済成長期のヒーローとして「巨人、大鵬、卵焼き」の流行語も生まれた元横綱大鵬の納谷幸喜さんが19日午後3時15分、心室頻拍のため東京都内の病院で死去した。72歳。北海道出身。自宅は東京都江東区清澄2の8の5。葬儀・告別式の日取りなどは未定。史上最年少(当時)の21歳3カ月で柏戸とともに横綱昇進し「柏鵬時代」を築いた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信