外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】天津市の大規模爆発で、現地入りした北京市公安消防総隊の李興華・副参謀長は19日までに、現場の大気中から猛毒の神経ガスと青酸ガスの成分が検出されたと語った。中国中央テレビが伝えた。しかし天津市環境保護局当局者は同日の記者会見で「環境保護部門の調査では検出されていない」と否定、情報は錯綜している。

共同通信