外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道部の暴行問題で、天理大(奈良県天理市)は11日、記者会見し、世界選手権男子73キロ級金メダリストの大野将平元主将ら部員12人に別の新たな暴力行為が明らかになり、処分したと発表した。1年生に平手打ちの暴力を振るった大野選手ら4年生5人に30日間の停学、2年生5人に14日間の停学、1年生2人にけん責処分。

共同通信