外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天皇陛下の退位日を2019年4月30日とし、皇太子さまが翌5月1日に新天皇として即位、改元する案が政府内で有力となった。政府関係者が22日、明らかにした。菅義偉官房長官は記者会見で、退位日決定の前提となる皇室会議を12月1日午前9時に宮内庁で開くと正式に発表した。陛下が19年3月31日に退位し、皇太子さまが4月1日に即位する案もあり、政府は皇室会議での意見を踏まえて最終決定する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信