外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮内庁は4日、心臓の冠動脈バイパス手術を受けた天皇陛下(78)が、午後に東大病院を退院されると発表した。医師団は退院後も1週間程度は住まいの皇居・御所で静養が必要としており、当面は皇太子さまが国事行為の臨時代行を続ける見通し。宮内庁によると、陛下は2月18日の手術後、階段の上り下りや運動器具を使って、心臓の機能回復に向けたリハビリを進めてきた。検査の結果、回復具合は良好で、退院が決まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信