外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天皇陛下(78)は18日、入院先の東大病院で心臓の冠動脈バイパス手術を受けられた。東大と順天堂大の合同チームが執刀。5時間ほどかかり、午後3時ごろに終了する見込み。天皇陛下が手術を受けるのは2003年1月の前立腺がん摘出以来。手術は、心臓バイパス手術で高い実績がある順天堂大の天野篤教授が中心になって執刀。手術終了後、天皇陛下は集中治療室に移り、執刀医らが午後6時以降に、病院で記者会見する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信