外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天皇陛下(78)は11日、東京都文京区の東大病院で、心臓の筋肉に酸素や栄養を送る血管(冠動脈)の精密検査を受けられた。同日夜は病室に泊まり、12日に住まいの皇居・御所に戻る予定。検査結果や今後の治療方針を宮内庁が一両日中に公表するとみられる。腕の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を通して冠動脈に造影剤を入れ、エックス線で血液の流れを約1時間にわたって調べた。病院には皇后さまが付き添った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信