外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮内庁は6日、天皇陛下が胸部エックス線検査の結果、胸水がやや増加していることが判明し、7日午前に宮内庁病院で、注射針で胸水を抜く処置を受けられると発表した。宮内庁によると、天皇陛下は退院後、期待ほど食事が進まず、階段だけでなく、平地を歩く際にも息切れがあるなど、体調の改善がやや後戻りした状況にあり、6日に宮内庁病院で診察を受けていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信