外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 心臓の冠動脈バイパス手術を受け、東大病院で入院療養中の天皇陛下(78)は23日までに、心臓の動きを回復させる「心臓リハビリ」を始めた。術後の経過は引き続き順調という。宮内庁の羽毛田信吾長官が同日の記者会見で明らかにした。天皇陛下は18日の手術後、20日に集中治療室から特別病室へ。専門家の手ほどきを受けながら、病室内を歩くことから始め、廊下にも出て、少しずつ歩く距離を延ばしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信