外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東大病院(東京都文京区)で心臓の冠動脈バイパス手術を受けた天皇陛下(78)は20日午前、集中治療室(ICU)から入院棟の特別病室に移られた。執刀した東大と順天堂大の合同チームが、不整脈や手術痕の感染症が起きないよう慎重に術後管理している。陛下は午前11時、ICUから車いすで移動。付き添いのため10時すぎに病院入りした皇后さまが病室前で出迎えた。陛下は術後の軽い食事を再開。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信