外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 心臓の冠動脈バイパス手術を受け静養中の天皇陛下(78)は7日、胸にたまった水がやや増えたため、宮内庁病院で胸に針を刺して水を抜く「穿刺」という治療を受けられた。治療は無事終了し「相当量の胸水を排液することができた」(金沢一郎・皇室医務主管)という。陛下は午前8時45分ごろ、皇居内にある宮内庁病院に車で入った。白いタートルネックのセーター姿で、報道陣に笑顔を見せた。皇后さまも付き添った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信