外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は23日、来年12月に再任された場合、引き続き東京電力福島第1原発事故への対応とイラン核問題を最優先課題として取り組む決意を強調した。ウィーンのIAEA本部で共同通信の取材に答えた。天野氏は既にIAEA理事会(日米など35カ国)に1期目の任期が切れる来年11月以降も続投する意向を伝達。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信