外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 和歌山県太地町で3日午前5時すぎ、イルカなど小型鯨類の追い込み漁をする漁船12隻が1日の解禁後初めて出港した。悪天候で2日遅れとなった。反捕鯨団体のメンバーら外国人約15人が抗議したが、混乱はなかった。この日は捕獲できず、地元漁協の貝良文参事は「ようやくだっただけに残念だ」と話した。

共同通信