外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 水産庁に11日入った連絡によると、米ハワイ州ホノルルでの中西部太平洋まぐろ類委員会の年次会合は、クロマグロの資源管理を強化する新たな規制を決定、閉幕した。11年と12年、日本近海を含む西太平洋でのクロマグロの0~3歳の未成魚の漁獲量を、02~04年水準より減らすことが柱。日本は漁獲量を3割削減することになるが、水産庁は「日本の消費に大きな影響を与えるものではない」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信