外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 太平洋のクロマグロの過剰な漁獲が続き、2010年の資源量が、過去最低レベルにまで落ち込んだとの評価報告書を、日本や米国などが参加する国際機関「北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)」の作業部会が16日までにまとめた。クロマグロは太平洋と大西洋に生息しているが、大西洋では厳しい漁獲規制が行われている。今回、太平洋産に対して「07~09年の漁獲レベルが続けば資源回復は望めない」と指摘している。

共同通信