外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本が最も多くを漁獲している中西部太平洋のクロマグロは、産卵能力のある親魚の量が1990年代半ば以降、ほぼ一貫して減る傾向にあるなどとする報告書を、国際資源管理機関「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の国際科学委員会が4日までにまとめた。08年の親魚の推定量が1952~2007年の平均的な量より低い水準にまで減った一方、漁獲は若い年齢の魚を中心に増加傾向にある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信