外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は25日、西日本と東日本の太平洋側で26日に局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。竜巻などの激しい突風にも注意が必要。気象庁によると、太平洋側を進む低気圧に湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる。25日朝の日本列島は上空に寒気が流れ込み、放射冷却現象も起きたため、各地でこの秋一番の冷え込みとなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信